電子書籍を読むときのKindle Paperwhite, iPad miniの使い分け


Kindle Paperwhiteを買ってから、電子書籍を読む機会が増えたのですが、代わりにこれまで電子書籍を読むのに使っていたiPad miniを使う機会が減ってしまいました。

このまま使わないで置いておくのはもったいないのでどうしようかと考えていたところ、Kindle Paperwhiteのある問題点を解消するのにiPad miniが役立ちました。

Kindle Paperwhiteの問題点、それは「雑誌が非常に読みづらいこと」です。

Kindleストアの雑誌は紙で買うよりも安く買えるので、雑誌は電子書籍で買うことにしているのですが、Paperwhiteの場合、少しページを拡大しようとすると、ページを再表示するのでとにかく表示に時間がかかるしカクカクして読みづらいです。

これは雑誌が固定レイアウトで作成されているのが原因です。

Kindleストアでの購入時に、

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

上記の注意書きが書かれた商品を購入する際は要注意です。

そこで、iPad miniの登場です。

iPad miniで読むとページの拡大、縮小もサクサク動きます。

というわけで雑誌はiPad miniで読むのがオススメです。

例えば『WIRED』はKindle版だと100円引きの400円で買えます。