朝にバターコーヒーを飲むようにしたら午後の眠気がなくなった話


By: trophygeek

ここ一ヶ月ほど「朝にバターコーヒーを飲む」という生活を続けてみたところ、午後の眠気が来なくなりました。

朝コーヒー生活を始める前は、昼食後に猛烈な眠気が襲ってきて10分くらい昼寝しないと耐えられないというくらい午後の眠気が辛かったのですが、気づいたら眠気が来なくなっていました。

というわけで、自分が続けている朝コーヒーのつくり方についてご紹介します。

正直なところ周りの人からは引かれているコーヒーなのですが、自分には効果があったのでやってみてよかったなと思います。

ただ、個人差があると思うので、この記事を読んで興味が湧いた方はぜひ実際に試して効果があったか教えていただきたいです。

きっかけと自分について

そもそもの前提として、自分の場合は生活の一部にコーヒーがあるというよりは、コーヒーは時々飲むくらいのものでした。

ここ数か月は自宅でコーヒーをつくるのにはまっていたので3日に一杯飲むくらいの頻度で飲んでいましたが、それまではほとんどコーヒーを飲まない生活をしていました。

そして、苦いのが苦手なのでコーヒーを飲むときは砂糖を大さじ2, 3杯入れて飲むという、ブラックコーヒー好きの人から殴られそうな飲み方をしていました。

カルディのコーヒーは甘いから好き、スターバックスではフラペチーノしか頼んだことがないという人生を送ってきました。

ということで前提条件がかなり特殊かもしれません。

きっかけとしては、10月末くらいにたまたま本屋で『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』という本を見つけたのでとりあえず買って読んでみたのがきっかけでした。

そこに「食べたものが自分になる」と書かれていて妙に納得したので、とりあえずこの本に載ってた「完全無欠コーヒー(バターコーヒー)」というのを作ってみることにしました。(海外で流行ってるらしいです)

材料とつくりかた

正直なところこういう本に載ってる材料は高かったり、海外の翻訳本なので日本では手に入りにくい材料だったりします。

あと、最終的には著者の人のつくったコーヒー豆を買おう的な流れになっていたりするのですが、全部揃えると相当なお値段になってしまう感じだったので、Amazonと近所のカルディを組み合わせてそれっぽいところで妥協することにしました。

材料

書き出してみると、妥協した割に結構お金かかってますね…😇

1杯あたりだと

  • コーヒー豆:40円(10g)
  • ココナッツオイル:30円(5g)
  • バター:50円(5g)
  • はちみつ:34円(5g)

なので、154円/杯くらいですかね。

はちみつに関してはレシピには載っていなかったのですが苦いのは相変わらず苦手なので砂糖の代わりに入れることにしました。

つくりかた

本にはバターが分離するのを防ぐためにミキサーでかき混ぜるとか色々書かれていたのですが、朝は時間がないのでとりあえず突っ込んでかき混ぜるだけにしています。

  1. ドリッパーでコーヒーを淹れる
  2. バター(5g)を入れる
  3. ココナッツオイル(5g)を入れる
  4. はちみつ(5g)を入れる
  5. スプーンでかき混ぜる

以上、シンプルですね。

なお、3.のココナッツオイルに関しては胃腸が弱い人はお腹を下しやすくなるらしいので、休日に飲む時しか入れていないです。

スプーンでいくら混ぜてもすぐにバターが分離してくるので、かき混ぜながら飲みましょう。

近くに誰かいると見た目に引かれるのでこっそり飲みましょう。

まとめ

というわけでこんな感じの怪しいコーヒーを毎朝飲む生活を1ヶ月ほど続けてみたところ、食後の眠気がなくなりました。

朝ごはんは食べておらず、このコーヒー1杯を朝ごはん代わりにしています。

本には朝にコーヒーを飲むと昼過ぎまで空腹感もなくなると書かれていましたが、自分の場合は8時過ぎにコーヒーを飲むと11時くらいにはお腹が空いてきます。(これはバターやココナッツオイルの量が本に載ってた量より少ないからというのもあるかもしれません)

途中で体調不良になったらやめようと思って始めたのですが、今のところ体調を崩すこともなく眠気もなくなったので結果的に良い習慣を身につけることができてよかったなぁと思いました。

午後の眠気が辛い」という方は試してみてはいかがでしょうか?(ムリのない範囲で自己責任でお願いします 🙇)