CharlesでiPhoneからの通信のみをキャプチャする


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

iOSアプリのAPI確認のため、Charlesを用いて通信のキャプチャを行いました。

設定方法に関しては下記の記事を参考にさせていただきました。

Charlesで他社アプリの通信を覗く – Qiita

iPhoneに証明書をインストールする方法に関しては「Help」=>「SSL Proxying」=>「Insall Charles Root Certificate on a Mobile Device or Remote Browser」を選択すると、インストール先が記載されたダイアログが表示されます。(下図参照)

この設定をするとiOSの通信がキャプチャできるようになるのですが、そのままだとPC側の通信もキャプチャされてしまいます。

今回の用途だとアプリ側の通信のみをキャプチャしたいです。

そんな時どうするかというと、「Proxy」メニューを開き、

「macOS Proxy」のチェックを外します。

これでPC側のキャプチャはなくなり、アプリ側の通信のみが表示されるようになります。

Charles便利ですね。

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら