IFTTTのmaker channelを使ってIRKitを操作する


夏の起きられない対策に。IFTTT + IRKitでクーラーを目覚ましにして快適な起床を手に入れよう」ではWordpressアクションを使ったやり方でIRKitを操作しましたが、@soh335さんから「maker channel 使えば wordpress hack しなくても大丈夫だよ」というアドバイスをもらったのでmaker channelを使って起動するように設定してみました。

トリガーを「Date & Time」にするところまでは前回(手順2まで)と同じです。

maker channelを使ってアクションを作る部分のキャプチャを載せておきます。

  • 検索窓に「make」を入力して「Maker」のアクションを選択します。

if10

  • 「初回のみConnectが必要」という画面が出てくるのでそのままconnectを選択して先に進みます。

if12

  • 「Make a web request」を選択します。

if13

IRKit APIにアクセスするWeb Requestを組み立てるために、以下の値を入力します。

項目 入力値
URL https://api.getirkit.com/1/messages
Method POST
Content Type application/x-www-form-urlencoded
Body clientkey=yourkey&deviceid=yourid&message={“format”:”raw”,”freq”:xx,”data”:[xx]}

if14

  • レシピの説明文を書いて完成です。

if15

これで、maker channelを使って指定時刻になったら無事にクーラーのON/OFFができるようになりました。

maker channelを使えばAPI通信できるものをトリガーにもアクションにもできるので使い道が拡がりますね。

おいしいコーヒーを淹れたいときにポットのお湯が90℃まで下がったらpush通知を飛ばす、とかもできそうです。

@soh335さんありがとうございます!

参考