CoffeeScript メモ その1


CoffeeScriptファーストガイド』を読んでのメモ その1。

  • CoffeeScriptインストール
sudo npm install -g coffee-script
  • eオプションを使うと引数に書いたプログラムを直接実行できる
coffee -e "console.log 'hello, world'"
=> hello, world
  • pオプションをつけるとコンパイル後のjsを表示できる
coffee -pe "console.log 'hello, world'"
=> (function() {
  console.log('hello, world');

}).call(this);
  • wオプションをつけるとソースの変更を監視して自動コンパイルできる
coffee -cw hello.coffee
  • oオプションをつけると別ディレクトリにjsを保存できる

以下のようなディレクトリ構造になっている場合

src/
  hello.coffee
  sample.coffee
lib/
  hello.js
  sample.js
coffee -cw -o lib src

srcディレクトリ以下に変更がある度に、libにjsを出力する

  • 関数の書き方
say = (text) ->
  console.log text

say "hello"

=> hello
  • コメントについて
# コメントは#で書く。コンパイル後のjsからは除去される

###
コンパイル後も残したい場合は###で囲う
###