BetterTouchToolを使ってWindows風ウインドウリサイズができるようにする


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

本日はmacの使い勝手改善コーナーです。

以前、Windowsを使っていた時にウインドウを画面左端にドラッグすると、左半分にリサイズ、右端にドラッグすると右半分にリサイズできるという機能(Aeroスナップ)がありました。

ブラウザを半分開きながら、もう半分でターミナルを開きたいという時に便利に使っていたのですが、macでも同じことがしたいなぁと思って調べたところ、「BetterTouchTool」というアプリを使って実現できました。

  • BetterTouchTool から「Download BetterTouchTool (free)」を選択してダウンロード

  • BetterTouchToolを起動して、「Preferences」を開く

  • 「Advanced」のタブに切り替えて、「Action Settings」→「Window Snapping Enabled」にチェックを入れる

better1

これでウインドウを画面端にドラッグすればリサイズできます。

便利ですね。

おまけ

ウインドウのステータスバーをドラッグしなくてもウインドウの移動をしたり、ウインドウ端をドラッグしなくてもウインドウサイズを変更することもできます。

  • 「Action Settings」→「Window Moving & Resizing」を開く

  • 「Move windows」と「Resize windows」にキーを割り当てる

better2

今回は「Move windows」に「fn」キーを、「Resize windows」に「control」キーを割り当てました。

「BetterTouchTool」には他にも色々便利機能があるそうです。

詳しくは参考サイトを見てください。

快適なmac生活を。

参考

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら