[mac][iphone]Scribeを使ってMacからiPhoneにURLを手軽に送る


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

Macで色々作業をしている際に見つけたURLを「iPhoneで見たい!」と思ったことありませんか?

わざわざ手打ちで入力するのも面倒…

そんな時に、役立つのが「Scribe」です。

こちらも社内開発Tips会で教えてもらったアプリ。

デザインもおしゃれです。

とりあえずダウンロードしたい方はこちら

ScribeはBluetooth LEを使って手軽にMacからiPhoneにテキストデータを送ることができます。

  • mac版、iPhone版をダウンロードして、それぞれを起動

  • mac版を起動するとiPhoneを探し始めます(mac、iphoneのBluetoothをオンにするのを忘れずに)

scribe1

  • iphoneアプリの方で画面が以下のように切り替わったら、画面中央左から少し飛び出ている部分をスワイプします

scribe4

  • これでmac、iphone間がリンクされました

  • 続いてmac版にチュートリアルが表示されるので、表示されているテキストを選択して「Command + Shift + X」を実行します

scribe2

  • すると選択していたテキストがiphone版に表示されます

scribe5

  • これでmacからiphoneへのテキストデータが手軽に送れるようになりました

  • また、選択したテキストは「Command + Shift + X」実行時に、以下のようにSafariやChromeで開くように選択することもできます

scribe3

  • Safariを選択すると、iphone側でSafariが立ち上がります

URLをiPhoneでサッと確認したい時に便利ですね。

Mac版(無料)

iPhone版(300円)

参考

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら