[mac]El Capitanが重すぎてクリーンインストールしたくなった時の確認事項


結論

El Capitanが重すぎてクリーンインストールしたくなった時の確認事項

なにが起きたか?

そろそろ大丈夫かなと思い、El Capitanにアップデートしてみたところ

  • 起動が遅くなる
  • ネットにつながらなくなる
  • iTUnes同期ができない
  • アプリケーションが固まって強制終了が頻発

というかなりの大惨事になってしまいました。

「クリーンインストールするしかないか。。。」と諦めかけていたのですが、

El capitanをインストールしたら、CPU使用率が高すぎて困ってる!という人向け。 | F’s Garage@fshin2000

たまたまこちらの記事を見かけて「もしかして」と思ってアクティビティモニタを起動してみたところ、見事にCPU使用率100%という現象が発生しておりました。

macのファンは非常に静かだったのでCPU使用率が高いと気づきませんでした。。。

(重くなったらアクティビティモニタを確認してみる、というのを忘れないようにします)

before

↑こんな状態になっていました。。。

記事を参考にルート証明書周りの信頼設定を「常に信頼」で確定してから、デフォルト値である「システムデフォルトを使用」に戻す、というのをVerisign、Symantecの証明書に対して実行し、再起動。

「これで直ったかなー」と思い、再度アクティビティモニタをチェックしてみたところ、少し改善したものの未だにCPU使用率が高い状態になっていました。。。

after1

何がCPUを使っているんだろうと思って確認してみたところ、Adobe Creative Cloudのデスクトップツールが原因のようでした。

after2

調べてみたところ、公式でもクリティカルな問題として認識されているのですが、暫定的な回避策しかない状態で、Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアンインストールするしかないようです。

ということでツールをアンインストール後に再確認してみたところ、落ち着きを取り戻しました。

after3

この対応を行った後は特に問題なく動作しており、クリーンインストールで一日を潰す前に気づけて良かったです。

El Capitanにアップデートしたら重すぎてどうしようもない」とお悩みの方がいらっしゃれば試してみてください。

参考