hello-world.jp.net
webエンジニアのメモ。とりあえずやってみる。

s3cmdの設定をプロジェクト毎に管理する

公開日時

以前、 s3cmdをmacで使う方法 を書きましたが、 プロジェクトごとに異なるバケットを使用している場合は設定ファイルもプロジェクト毎に管理したいです。

その場合、s3cmdの初期設定時に設定ファイルの保存先を指定するようにします。

cd target_project
s3cmd -c ./.s3cfg --configure # target_project直下に.s3cfgを作成

あとは適切にアクセス権を設定すればs3cmdでアップロード可能になります。

アップロード時も-cで設定ファイルを指定します。

s3cmd -c .s3cfg -P --follow-symlinks sync ./public/ s3://sample-bucket/ # public以下をsample-bucketに公開設定でアップロード

参考


Related #aws

[mac]CyberduckでCloud Frontのキャッシュを削除

macのs3クライアントとして時々、 Cyberduckを使っているのですが、CyberduckからCloudFrontのキャッシュも削除できたので方法をメモしておきます。

[rails]cap deploy時に複数のAuto Scalingグループにもデプロイしたい

先日、AWSのAuto Scallingを使った際に、cap deploy時にAuto Scaleインスタンスにも自動でデプロイできるようにする必要があったので調べたところ、

Nginx + ELB 使用時にアクセス元IPが正しく記録されるようにする

ELB(Elastic Load Balancing)使用時にはまったのでメモ。

[ELB]SSL証明書設定の権限を持つIAMユーザPolicy

もともとはAWSの明細情報閲覧と、IAM管理を無効にしたユーザとして、以下のようなPolicy設定を行っていました。