hello-world.jp.net
webエンジニアのメモ。とりあえずやってみる。

s3cmdの設定をプロジェクト毎に管理する

公開日時

以前、 s3cmdをmacで使う方法 を書きましたが、 プロジェクトごとに異なるバケットを使用している場合は設定ファイルもプロジェクト毎に管理したいです。

その場合、s3cmdの初期設定時に設定ファイルの保存先を指定するようにします。

cd target_project
s3cmd -c ./.s3cfg --configure # target_project直下に.s3cfgを作成

あとは適切にアクセス権を設定すればs3cmdでアップロード可能になります。

アップロード時も-cで設定ファイルを指定します。

s3cmd -c .s3cfg -P --follow-symlinks sync ./public/ s3://sample-bucket/ # public以下をsample-bucketに公開設定でアップロード

参考


Related #aws

[ELB]SSL証明書設定の権限を持つIAMユーザPolicy

もともとはAWSの明細情報閲覧と、IAM管理を無効にしたユーザとして、以下のようなPolicy設定を行っていました。

[aws][mysql5.6]microインスタンス使用時にメモリ不足になったのでmysqlの設定を調整

AWSでt2.microインスタンスを使用して色々動かしていたら、あるスクリプトの実行時に

[aws]s3バケットにIP制限をかける

s3にはbasic認証を設定することはできないのですが、IP制限なら設定することができます。

AWS SAMを使って署名付きURL発行APIを作る

S3の署名付きURL発行機能の検証を兼ねて、S3のキーをパラメータとして受け取り、署名付きURLを発行するAPIを作ってみました。