hello-world.jp.net
webエンジニアのメモ。とりあえずやってみる。

CentOS6.3にmysql5.5をインストール

公開日時

CentOS6.3はデフォルトのyumだとmysql5.1がインストールされますが、mysql5.5を使いたかったので5.1をアンインストールして5.5をインストールし直しました。

メモとしてインストール方法をまとめておきます。

remiリポジトリの追加

  • epelが依存リポジトリになっているのでepelも追加します
rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
  • remiの追加
rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

既存のDB設定

  • 新規サーバなのでデータは何もないですが一応バックアップを取っておきます
mysqldump -u root -p --all-database > all.dump
  • mysqldを停止
/etc/init.d/mysqld stop
  • mysql5.1をアンインストール
yum remove mysql mysql-server

mysql5.5インストール

  • remiを有効にしてインストール
yum --enablerepo=remi install mysql mysql-server
  • 自動起動をonに
chkconfig mysqld on
  • 設定確認
chkconfig --list | grep mysql

mysqld    0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

参考URL


Related #CentOS

vagrantでmysqlレプリケーション実験環境をお手軽作成

mysqlのレプリケーション設定をする機会があったので、実環境で試す前に実験してみたいと思い、vagrantを使ってレプリケーション設定用のサーバを立ててみました。

ログファイルを空にする方法

ローカル環境ではmysqlのクエリログを出力するようにしているのですが、放置していたらかなりの容量になってきたので一度空にしようと思って調べてみました。

Vagrant upで"The Guest Additions on This VM Do Not Match the Install Version of VirtualBox!"と言われた時の対策(CentOS6.4)

久しぶりにvagrantを使っていたらvagrant up時に以下の警告が出ていました。