hello-world.jp.net
webエンジニアのメモ。とりあえずやってみる。

CentOS6.3にmysql5.5をインストール

公開日時

CentOS6.3はデフォルトのyumだとmysql5.1がインストールされますが、mysql5.5を使いたかったので5.1をアンインストールして5.5をインストールし直しました。

メモとしてインストール方法をまとめておきます。

remiリポジトリの追加

  • epelが依存リポジトリになっているのでepelも追加します
rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
  • remiの追加
rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

既存のDB設定

  • 新規サーバなのでデータは何もないですが一応バックアップを取っておきます
mysqldump -u root -p --all-database > all.dump
  • mysqldを停止
/etc/init.d/mysqld stop
  • mysql5.1をアンインストール
yum remove mysql mysql-server

mysql5.5インストール

  • remiを有効にしてインストール
yum --enablerepo=remi install mysql mysql-server
  • 自動起動をonに
chkconfig mysqld on
  • 設定確認
chkconfig --list | grep mysql

mysqld    0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

参考URL


Related #CentOS

Vagrant upで"The Guest Additions on This VM Do Not Match the Install Version of VirtualBox!"と言われた時の対策(CentOS6.4)

久しぶりにvagrantを使っていたらvagrant up時に以下の警告が出ていました。

CentOS6.3でyumを使ってphp5.4からphp5.3にダウングレード

諸事情によりCentOS6.3のサーバにインストールされたphp5.4をphp5.3にダウングレードする必要があったので、対応方法をメモしておきます。

[Mac]chef-soloとBerkshelfを使ってNode.jsの環境構築(MongoDB, Redis)

今回はchef-soloとBerkshelfを使ってNode.jsの環境構築をやってみた。

CentOS6.4にOpenCV2.4.6.1をインストール

顔認識がしてみたくなったので調べてみたところ、「ruby-openc」というgemが公開されていたので、まずはOpenCVをインストールしてみました。