hello-world.jp.net
webエンジニアのメモ。とりあえずやってみる。

[ruby][rails]pryでデバッグする

公開日時

今更ながらpryを使ったデバッグの便利さに感動したのでメモ

Railsの場合、Gemfileにpry-railsを記述

#Gemfile

group :test, :development do
   gem "pry-rails"
end

bundle installして、ブレイクポイントを設置したい箇所に

binding.pry

と書いて、アプリケーションにアクセス

すると、ブレイクポイントを設置した箇所でコンソールが立ち上がります

変数やメソッドを入力することで処理結果を確認できます

また、cdでオブジェクトへの移動

lsでオブジェクトの内容表示ができます

便利

loggerやpデバッグで頑張らなくてもpryを使えば効率よくデバッグできますね

Pryに関する参考リンク

binding.pryやcd以外にも便利機能が色々あったので使っていこうと思います


Related #Rails

[s3][ruby]静的ウェブサイトホスティングしたサイトのTwitter Cardsが表示されない場合の対応

先日、S3の静的ウェブサイトホスティングを使ってサイト公開を行った際に、ページ表示やFacebookのOGP表示は問題なくできるのにTwitter Cardsだけ表示されない、という現象が発生しました。

[rails]bodyにclassを付けて特定のページでのみjsが動作するようにする

Asset Pipelineを使用するとjsやcssを結合してくれます。

[ruby][rails]sidekiqのnamespaceにハマった

sidekiq3.0.1で確認。

[rails]fragment cacheを使ってみる

fragment cacheを使うとテンプレートの一部を部分的にキャッシュすることが可能になります。