Redmineで画像表示する小技


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

Redmineでチケット管理をしている場合に、添付ファイルとして画像をアップロードすると画像のリンクが表示されますが、クリックすると画像ダウンロードとなってしまい、一度ダウンロードしてから画像を開くという手間がかかります。

そんな時のために、Redmineの記法には「!」で画像URLをくくると、その場で画像プレビューができるというものがあります。(インラインイメージ)

!http://~!

—- 2015/4/9追記 —-

古いバージョンのredmineだと横幅指定ができなかったので、画像によってはチケット領域をはみ出してしまうという問題があったのですが、最近のバージョン(0.8以降とのこと)だとオプションで横幅指定が可能です!

!{width:300px}http://~!

とすると画像幅が300pxに縮小されます。

—- 追記ここまで —-

画像URLに限らず添付ファイルでも同じようにプレビューできるので、チケットに画像を添付した際は、チケットの内容入力の際に「!添付ファイル名!」と書いておくと、チケットを見た人は画像をダウンロードする必要がなくなるので便利です。

また、バージョン管理ツールと連携している場合は、DBのテーブル定義等を画像にしてコミットしておくと、コミット時に即時反映されるので、チームで開発を進める際に捗ります。

参考URL

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら