[ruby][rails]pryでデバッグする


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

今更ながらpryを使ったデバッグの便利さに感動したのでメモ

Railsの場合、Gemfileにpry-railsを記述

#Gemfile

group :test, :development do
   gem "pry-rails"
end

bundle installして、ブレイクポイントを設置したい箇所に

binding.pry

と書いて、アプリケーションにアクセス

すると、ブレイクポイントを設置した箇所でコンソールが立ち上がります

変数やメソッドを入力することで処理結果を確認できます

また、cdでオブジェクトへの移動

lsでオブジェクトの内容表示ができます

便利

loggerやpデバッグで頑張らなくてもpryを使えば効率よくデバッグできますね

Pryに関する参考リンク

binding.pryやcd以外にも便利機能が色々あったので使っていこうと思います

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら