[rails]unicornでpryを使う


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

先日、pryでデバッグする という記事を書きましたが、こちらはrails server(フォアグランド)でアプリを立ち上げた際のデバッグ方法でした。

今回はunicornを使ってアプリをバックグラウンドで立ち上げている際にbiding.pryを使う方法をメモしておきます。

  • Gemfileにpry-remoteを追加
# Gemfile

group :test, :development do
  gem "pry-rails"
  gem "pry-remote"  # 追加
end

こちら pry-byebug が入っている状態だとうまく動きませんでした。

  • ブレイクポイントを設置したい箇所にbinding.remote_pryを設置
@user = User.where(id: xxx)
binding.remote_pry
  • 該当ページにアクセスするとunicornがwait状態になります

unicornログに以下のようなログが出ます

[pry-remote] Waiting for client on druby://127.0.0.1:9876
  • ターミナルからpry-remoteを実行
bundle exec pry-remote

コマンドを実行すると前回と同様にpryでデバッグできるようになります。

参考

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら