[rails]Errbitでdevelopment環境でも通知したい


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

Railsのエラー管理に便利なerrbitですが、デフォルトだとdevelopment環境では通知が来ない設定になっています。

development環境では普通にログを見ればいいので問題ないのですが、正しく通知がされるかを試したい場合があります。

その場合はerrbitのinitializerに一行追加すれば対応できます。

  • config/initializers/errbit.rb
Airbrake.configure do |config|
  config.api_key = 'your api key'
  config.host    = 'your host'
  config.port    = 443
  config.secure  = config.port == 443
  config.development_environments = []  # この設定を追加
end

これで、例外が発生した場合に通知が飛ぶようになります。

任意のタイミングで通知を実行したい場合は

Airbrake.notify(e)

のように例外オブジェクトをAirbrake.notifyメソッドに渡すようにします。

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら