[Android][AndroidStudio]Google Analytics SDK for Android v3 を導入する


基本的には公式ドキュメントのチュートリアルのままですが、AndroidStudioで開発しているAndroidアプリにGoogleAnalytics(v3)を入れてみた際のメモです。

まずはAnalyticsのトラッキングコードを取得します。

アプリのトラッキングコードを作成すると、以下のようにiOS、AndroidのSDKダウンロードリンクが表示されます。

android_analytics

ダウンロードしたディレクトリの中にある libGoogleAnalyticsServices.jar をプロジェクトのディレクトリにコピーします。

  • build.gradle の dependencies にanalyticsを追加
dependencies {
    compile files('libs/libGoogleAnalyticsServices.jar')
}
  • AndroidManifest.xml にパーミッションを追加
<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>
  • BaseActivity を作成

BaseActivityを用意して、BaseActivityを継承しているActivityがAnalyticsのトラッキング対象になるようにします。

package com.example.app;

import android.app.Activity;

import com.google.analytics.tracking.android.EasyTracker;

public class BaseActivity extends Activity {

    @Override
    protected void onStart() {
        super.onStart();
        EasyTracker.getInstance(this).activityStart(this);
    }

    @Override
    protected void onStop() {
        super.onStop();
        EasyTracker.getInstance(this).activityStop(this);
    }
}
  • トラッキング対象のActivityにBaseActivityを継承させる
public class SampleActivity extends BaseActivity {

}
  • res/values 以下に analytics.xml を作成
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="ga_trackingId">UA-XXXX</string>
    <!-- Enable automatic activity tracking -->
    <bool name="ga_autoActivityTracking">true</bool>
    <!-- Enable automatic exception tracking -->
    <bool name="ga_reportUncaughtExceptions">true</bool>
</resources>

この状態でアプリを立ち上げればAnalyticsが実行され、Analyticsのリアルタイム検索にログが残るようになります。

参考