[mac]TimeMachineバックアップ対象からVirtualBox仮想マシンを除外する


TimeMachineで日々のバックアップを取っているのですが、前日にバックアップを取って、翌朝またバックアップを取ろうとするとなぜか50GBくらいバックアップを作成し始めて、時間はかかるし、買ったばかりのハードディスクの容量がどんどん削られる現象に悩んでいました。

これまでは我慢しながら使ってたのですが、気になったので調べてみたところ、vagrantを使ってVirtualBoxで仮想マシンをいくつか起動していたのが原因でした。

仮想マシン内で操作をするとVirtualBoxの.vmdkファイルのタイムスタンプが更新されるため、TimeMachineのバックアップ対象となってしまうようです。

そこで、TimeMachine設定の「オプション」で、仮想マシンの.vmdkをバックアップ対象から除外するようにしたところ、数分でバックアップが完了するようになりました。

mac

1つ、圧倒的に容量を取っている仮想マシンがいるのでなんとかしたいところ。。。

ただ、これだと仮想マシンの内容がバックアップされないので、VirtualBoxのスナップショット機能を使ってバックアップする方法を検討中です。

参考