WIREDの雑誌はKindle版を買うのがいいかもしれない


[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら

結論

固定レイアウトの電子書籍はKindle端末ではなくKindleアプリで読むと読みやすいです

以下本文

技術系の雑誌としてはWEB+DB PRESSWIREDは定期的に読んでいるのですが、WIREDはKindle版を買っています。

(WIREDの雑誌は見た目がおしゃれなので買っている部分もあります)

ただ、Amazonのレビューを見るとKindle版は読みづらいというレビューがたくさんあります。

これはWIREDの雑誌が固定レイアウトという形式になっているからです。

雑誌は紙版のレイアウトを保ったまま販売されることが多いので、固定レイアウトが多いですね。

実際のところ”Kindle端末”で固定レイアウトの本を読もうとすると文字が小さかったり、拡大しようとすると表示に時間がかかったりと、なかなか辛い読書になってしまいます。

「じゃあなんでわざわざ読みづらいKindle版を買うの?」

という話しですが、Kindle版を買う理由は2つあります。

ひとつは、読みづらいのはPaperwhite等の”Kindle端末”で読もうとした時で、”Kindleアプリ”で読めば別に読みづらくないからです。

KindleアプリはWindows版Mac版Android版iOS版と一通りのアプリが揃っています。

アプリで読めば普通に読むことができます。

ただし、固定レイアウトなのでフォントを変えたり、ハイライトを残すことはできないのでご注意を。

ふたつめは、Kindle版がお買い得だからです。

WIREDの最新号は紙版が500円で、Kindle版が400円と少しお買い得です。

さらにバックナンバーで、108円で買えます。ジュース1本ですね。

技術系の記事は鮮度が大事だからこういう販売方針なのかもしれませんが、1個前のバックナンバーから安くなるのはお買い得ですね。

まとめ

というわけでWIREDの雑誌はKindle版を買っています。

「Kindle端末で読もうと思ってた電子書籍が実は固定レイアウトで読みづらかった。。。」というのはよくあるパターンなので、購入前に固定レイアウトかどうかを確認するようにするのがオススメです。

購入ページに

この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

と書かれているものが固定レイアウトの電子書籍です。(表示位置は以下の画像をご確認ください)

kindle

読みたい本が固定レイアウトだった場合は、Kindle端末ではなく、Kindleアプリで読むと読みやすいです。

[まとめ] 現在開催中のKindleセール情報はこちら