hello-world.jp.net
webエンジニアのメモ。とりあえずやってみる。

s3cmdでディレクトリごとignoreしたい場合(.s3ignore)

公開日時

s3cmdでディレクトリごとignoreしたい場合、以下のように.s3ignoreというファイルを作ってその中に.gitignoreと同様に無視したいファイルやディレクトリを記述します。

# .s3ignore
.DS_Store
.git
.git/*

s3cmd実行時にexclude-fromオプションに.s3ignoreを指定すればignoreできます。

実際に何がアップロードされるかは--dry-runで確認して、問題がなければdry-runを外して再度実行します。

例) publicディレクトリ以下をアップロードする場合

# dry-run
s3cmd -c .s3cfg -P --exclude-from .s3ignore --follow-symlinks sync ./public/ s3://{bucket} --dry-run

# upload
s3cmd -c .s3cfg -P --exclude-from .s3ignore --follow-symlinks sync ./public/ s3://{bucket}

s3cmdの設定をプロジェクト毎に管理したい場合はこちらを参照。

参考


Related #s3

AWS SAMを使って署名付きURL発行APIを作る

S3の署名付きURL発行機能の検証を兼ねて、S3のキーをパラメータとして受け取り、署名付きURLを発行するAPIを作ってみました。

[aws]s3 lsで取得したファイルを更新日時順でソートする

s3 lsコマンドを利用するとバケットに保存されているファイル情報を取得できます。

[s3][ruby]静的ウェブサイトホスティングしたサイトのTwitter Cardsが表示されない場合の対応

先日、S3の静的ウェブサイトホスティングを使ってサイト公開を行った際に、ページ表示やFacebookのOGP表示は問題なくできるのにTwitter Cardsだけ表示されない、という現象が発生しました。

s3cmdをmacで使う

macでs3cmdを使ってみました。